神垣式認知機能リハビリとは2 ゆっくり急がず穏やかにー認知症者を不安にさせる要因

ゆっくり急がず穏やかにー認知症者を不安にさせる要因

不安をかきたてるストレスとは何か

神戸市の介護老人保健施設Hには一般棟と認知症専門棟が併設されています。
平成26年6月、90歳の男性Kさんが入所されました。Kさんは要介護度4、*ADL自立度B1、*認知症自立度Ⅲa、で入所当初から帰宅願望が強く、頻繁に立ち上がり職員に暴言暴力をふるう様子でした。家族にも何度も電話で「帰りたい」訴え、電話が繋がらないと警察に電話して「子供が連れ去られた」と訴えることもありました。Kさんの不穏時は職員が付き添い傾聴するなどして、30日が経過しても不穏症状が減ることはなく、認知症専門棟に移転されました。
認知症専門棟に移転初日と二日目はそれまでと変わりなく「家に帰りたい」と訴え、立ち上がり暴言暴力をふるう様子がありました。
 三日目から六日目までは立ち上がることはあっても「家に帰りたい」と訴える回数は徐々に減り、七日目以降は帰宅願望を口にすることが無くなり、穏やかに過ごす時間が増えたのです。

 そこで、Kさんの変化の理由を探るため、一般棟と認知症専門棟の職員に聴きとり調査をしてみると、次のことがわかったそうです。
  • 一般棟では、利用者の自立度に大きな差があるため、利用者同士の干渉が頻繁にある。
  • 一般棟では、利用者の多くが部屋で過ごし、緊急時はナースコールが鳴る。ナースコールに反応して突発的に職員が行動する際に緊張感が生まれる。
  • 認知症専門棟では、利用者の自立度に大きな差がないので、利用者同士の干渉はあまり見られない。
  • 認知症専門棟では、利用者のほとんどがフロアに居り、職員の見守る目が行き届いている。
  • 認知症専門棟にはナースコールが無いので、コールの音の緊張感が生じず、職員の落ち着きも保たれていて、利用者が不穏になるストレスが少ない。
 これらのことから、認知症者が不穏になるきっかけは、周囲の人の接し方と気配、視覚聴覚などから受け取る緊張感だということが読み取れます。慌ただしく動く姿、大きな音、走る足音、急かされ、待たされる環境のようです。周辺の交通機関の騒音や、テレビのバラエティ番組やCMなどの突然大きな音が聞こえる環境も認知症者には不安を増幅するストレスになると思われます。
一方で小川のせせらぎ、海辺のさざ波などの音響、野鳥のさえずりとともに森を散歩する映像などはこころの落ち着く良い刺激と言えるでしょう。つまり脳内にα波を発生させる刺激は、心落ち着かせ、認知症者の不穏を抑制する効果があると考えられます。ただし、水の流れる音は排尿を連想させ、人によっては(男性は特に)トイレに行きたくなることがありますし、海の映像で津波の恐怖を連想する方もおられますので、気を配る必要はあるでしょう


*ADL【日常生活活動(日常生活動作能力)(Activities of daily living;ADL)とは、人が毎日の生活を送るために各人が共通に繰り返す、さまざまな基本的かつ具体的な活動のことです。もともとリハビリテーション分野における患者の機能障害や効果測定のために開発されたものですが、近年では高齢者の生活機能の尺度として用いられることが多くなっています。
狭義のADLは、家庭における、歩行や移動、食事、更衣、入浴、排泄、整容などの身のまわりの基本的な身体動作を指し、基本的日常生活動作能力(Basic Activity of Daily Living;BADL)と呼ばれます。


認知症高齢者の日常生活自立度判定基準

レベル

判断基準

解説

何らかの認知症を有するが、日常生活は家庭内および社会的にほぼ自立している状態

軽度の物忘れがありますが火の不始末や薬の飲み忘れは見られず、家族や支援をする人がいれば日常で困る事はほとんど無い状態といえます。 認知症ではない、年齢相応の物忘れの方もこのレベルで判定されている方をよく見かけます。軽度認知障害(MCI)の場合もありますので、物忘れがあって心配だと思われる方は一度専門医を受診される事をお勧めします。


Ⅱa

日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが家庭外で多少見られても、誰かが注意していれば自立できる状態

客観的に認知症の進行度合いを観察する上で、自宅外と自宅内ではどちらが認知症の方にとって活動しにくいでしょうか? 答えはもちろん自宅外です。何故なら住み慣れた自宅の中ではある程度生活習慣に根付いた行動が出来るため、自宅外と比較すると活動しやすいと思われます。

しかし自宅外では環境が常に変動し、新しい事の記憶や適応能力が低下した認知症の方にとっては、外に出る事が毎回「未開の地での冒険」のようになってしまいます。従って、自宅内での活動にも支障がみられるようになるということは、それだけ認知機能が低下したと判断する事ができるのです。

また、医師が主治医意見書を書く際に「内服管理が自分で出来るか出来ないか」で「Ⅱbレベル」の分岐点となる事が多いです。服薬管理が出来るならⅡbより良い状態、逆に出来ないならⅡb以下という具合です。

Ⅱb

日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが家庭内で見られるようになるが、誰かが注意していれば自立できる状態

Ⅲa

日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが主に日中を中心に見られ、介護を必要とする状態

認知症の中核症状・周辺症状が共にⅡレベルより悪化し、支援を受けていても在宅生活が困難となった状態です。食事や排泄といった日常生活において重要な行動が自力では出来ず、周辺症状により介護者へ重い負担が掛かるようになります。このような症状が日中を中心に発生している頃がこのレベルです。

Ⅲb

日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが夜間にも見られるようになり、介護を必要とする状態

Ⅲaの状態が夜間にみられるようになるとⅢbレベルになります。夜間の介護負担増大は介護者にとって甚大な負担となるだけでなく、介護者自身の体調も悪化させてしまいます。

また日中は傾眠、夜間に認知症状が出て覚醒するという昼夜逆転の状態となり、更にADL(日常生活動作)面の低下を招いてしまう悪循環が懸念されます。

日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする状態

Ⅲの状態が終日続き、目が離せない状態がⅣレベルです。在宅生活は非常に困難な状態で、介護者は休まる暇もなく介護に当たらなければならなくなります。適切に介護サービス等を利用し、ご本人と介護者が出来るだけ穏やかに暮らしていけるようにしましょう。

M

著しい精神症状や周辺症状あるいは重篤な身体疾患が見られ、専門医療を必要とする状態

Mレベルは、せん妄等の一時的な精神状態の悪化(可逆的な状態)で、専門医を受診する必要がある状態です。どのレベルからもMレベルになる可能性がありますし、Mレベルとなった原因が治癒したら元のレベルに戻る可能性も高い状態でもあります。





説教モードと世間話モード

 私は地域のフットサルチームに所属して、週末は小学生とゲームを楽しんでいます。小学生は1年生から6年生までいますが、小学生を見ていると彼らが大人の醸しだす匂いを敏感に嗅ぎ分けて接しているのがよくわかります。
 大人はケガを防ぐために入念にストレッチに時間を費やしますが、彼らはそんな退屈なことに興味はありません。子どもたち同士でじゃれあっています。指導者が大きな声で集合させて、注意事項を話し始めると、ゆっくりと遠巻きに集まりますが、ほとんど聞いていません。彼らの態度に気を悪くした指導者は嫌み混じりな話題を投げますが、更に彼らは聞くふりだけをして聞き流しています。
実はこんなことは私達自身が10代の頃に経験済みなのです。私達は授業中に嫌な教師や苦手な科目の時間は苦痛で仕方なく、聞いているふりをして聞いていませんでした。前日見たテレビ番組のことや、放課後の部活動のこと、好きな子のこと、週末の遊びのことなどを考えて、嫌な時間が過ぎるのを耐えていました。その時に脳で働いているのがノイズキャンセル機能です。私達の脳は嫌なものは見えてても見ないし、聞こえてても聞かないのです。(このノイズキャンセル機能については別項で詳しく述べます。)
 小学生も十代の頃の私達も、話しやすいオトナを見つける能力を持っています。頭ごなしに叱らないオトナ、少しくらいの悪いことは見逃してくれるオトナ、自分の失敗を語ってくれるオトナ。こんな教師を探して私達は近づきましたね。小学生も全く同じで、説教モードで接するオトナには必要に迫られた時しか近づきません。一方で、世間話モードで対するオトナには甘えてきます。

 さて、認知症者が安心するオトナはどちらのタイプでしょうか。ストレスを感じずに穏やかになれるのはどんなオトナでしょうか。認知症者が不穏にならずに楽しい時間を過ごせるオトナにならないと、そばに居るあなたも疲れますよね。緊張を解き、何でも受け入れて、失敗を許す気持ちで接することが、認知症者もあなたもストレスなく過ごせる最短のアプローチなのです。


■自閉症の当事者が語るメッセージ

 認知症者と自閉症者とは異なりますが、脳の機能に障害を持つ方の実感として少しは共通点があるのではないかと思います。次に紹介するのは、自閉症の東田直樹さんが中学生の時に書かれた文章です。「自閉症の僕が飛び跳ねる理由:会話のできない中学生がつづる内なる心」(株式会社エスコアール出版部)より引用

8.すぐに返事をしないのはなぜですか?
みんなはすごいスピードで話します。頭で考えて、言葉が口から出るまでがほんの一瞬です。それが僕たちにはとても不思議なのです。
僕達は、脳の神経回路のどこかで異常が起きているのでしょうか?ずっと困っているのに、その答えは誰にも分かりません。
僕たちが話を聞いて話を始めるまで、ものすごく時間がかかります。時間がかかるのは、相手が言っていることがわからないからではありません。相手が話をしてくれて、自分が答えようとする時に、自分の言いたいことが頭の中から消えてしまうのです。
この感覚が、普通の人には理解できないと思います。
言おうとした言葉が消えてしまったら、もう思い出せません。相手が何を言ったのか、自分が何を話そうとしたのか、まるで分からなくなってしまうのです。その間にも、質問は次から次と僕たちに浴びせられます。
僕たちは、まるで言葉の洪水に溺れるように、ただおろおろするばかりなのです。

10.どうして上手く会話できないのですか?
僕も話せないのはなぜだろうと、ずっと不思議に思っていました。
話したいことは話せず、関係のない言葉は、どんどん勝手に口から出てしまうからです。僕はそれが辛くて悲しくて、みんなが簡単に話してるのがうらやましくてしかたありませんでした。
思いはみんなと同じなのに、それを伝える方法が見つからないのです。
僕たちは、自分の体さえ自分の思い通りにならなくて、じっとしていることも、言われた通りに動くこともできず、まるで不良品のロボットを運転しているようなものです。いつもみんなにしかられ、その上弁解もできないなんて、僕は世の中の全ての人に見捨てられたような気持ちでした。
僕たちを見かけだけで判断しないでください。どうして話せないのかは分かりませんが、僕たちは話さないのではなく、話せなくて困っているのです。自分の力だけではどうしようもないのです。
  ー中略ー
自分の気持ちを相手に伝えられるということは、自分が人としてこの世界に存在していると自覚できることなのです。話せないということはどういうことなのかということを、自分に置き換えて考えて欲しいのです。

23.何が一番辛いですか?
みんなは気づいていません。僕たちが、どんなに辛い気持ちでいるのか。
僕たちの面倒を見るのは「とても大変なのよ」と、周りにいる人は言うかもしれません。
けれども、僕たちのようにいつもいつも人に迷惑をかけてばかりで誰の役にも立てない人間が、どんなに辛くて悲しいのか、みんなは想像もできないと思います。
何かしでかすたびに謝ることもできず、怒られたり笑われたりして、自分がいやになって絶望することも何度もあります。
僕たちは、何のために人としてこの世に生まれたのだろうと、疑問を抱かずにはいられません。
側にいてくれる人は、どうか僕たちのことで悩まないで下さい。自分の存在そのものを否定されているようで、生きる気力が無くなってしまうからです。
僕たちが一番辛いのは、自分のせいで悲しんでいる人がいることです。
自分が辛いのは我慢できます。しかし、自分がいることで周りを不幸にしていることには、僕たちは耐えられないのです。

24.自閉症の人は普通の人になりたいですか?
僕らがもし普通になれるとしたら、どうするでしょうか。
きっと、親や先生や周りの人たちは大喜びで、「普通にもどしてもらいたい」と言うでしょう。
ずっと、「僕も普通の人になりたい」そう願っていました。障害者として生きるのが辛くて悲しくて、みんなのように生きて行けたらどんなにすばらしいだろう、と思っていたからです。
でも、今ならもし自閉症が治る薬が開発されたとしても、僕はこのままに自分を選ぶかも知れません。
どうしてこんな風に思えるようになったのでしょう。
ひと言でいうなら、障害のある無しにかかわらず人は努力しなければいけないし、努力の結果幸せになれることが分かったからです。
僕たちは自閉症でいることが普通なので、普通がどんなものか本当は分かっていません。
自分を好きになれるのなら、普通でも自閉症でもどちらでもいいのです。

27.自閉症の人はどうして耳をふさぐのですか?うるさいときにふさぐのですか?
人が気にならない音が、気になるのです。
問題は、その気になるという感じが、みんなには分からないのだと思います。音がうるさいというのとは、少し違います。気になる音を聞き続けたら、自分が今どこにいるのか分からなくなる感じなのです。その時には地面が揺れて、回りの景色が自分を襲って来るような恐怖があります。だから耳をふさぐのは、自分を守るためにする行為で、自分のいる位置をはっきり知るためにやっているのだと思います。
  ー後略ー

 いかがでしょうか。認知症者とは明らかに異なる描写がいくつもあるように感じますが、自閉症の当事者の思いが中学生の飾らない言葉で綴られています。「言葉にしたいことが消えていく」「見捨てられたような気持ち」「周りを不幸にしていることには、僕たちは耐えられない」「耳をふさぐのは、自分を守るためにする行為」などは気になる言葉です。
自閉症の方との接し方も、急がず、急かさず、穏やかに、待つことが大切だという点では同じだと思えます。


次のページへ >>