認知症予防改善プログラム

はじめに

 私たちは、この一年間ホスファチジルコリンの摂取で認知症を改善された方とそうでない方のどこに違いがあるのかにフォーカスを当てて考えてきました。
そこで、
ホスファチジルコリンを臨床現場でお使いいただいている医師や、継続摂取されている認知症の方々からお話を伺う中で、一つの仮説が浮かび上がってきたのです。
 まず、改善している方々は栄養状態がよい。そして身体を動かしている、ということです。つまり、①きちんと食事をとり(栄養)、②身体を動かす方が(血流)、③ホスファチジルコリンを摂取すればほぼ全員が認知症を改善するはずだ、という仮説です。(※逆に、食生活が粗末すぎると、ホスファチジルコリンを飲んでいても、脳にまでホスファチジルコリンが届かない。他者との接触が少なく自宅でじっとする時間が多いと、脳の活動(シナプス活動)は低調なままです。そのままではホスファチジルコリンが有効に働かない。)この仮説を裏付けているのは、認知症を改善している多くの方の存在です。
 これらの現実と状況証拠から、導きだした認知機能改善メソッドはこうです。
①栄養のある食事
②発汗をともなう有酸素運動
③ワーキングメモリーのフル活用
④他人と接する快感がもたらす脳活性
⑤ホスファチジルコリンの摂取
これらの要素を日課(必ずしも毎日でなくていいですが)にすれば、認知機能は必ず改善する。

 私たちは、この仮説に基づいて認知機能を改善する最前線にともに立ってくださる施設、団体、組織を募集しています。私たちは改善プログラムを提供し、指導員の研修もいたします。協力していただける方々には、この改善プログラムを実践する場を提供していただきたい。
多くの方々のご協力をお願いいたします。


目的

    • 認知症者の状態改善
    • 軽度認知症者の状態改善
    • 認知症予防を願う健康な人々の予防

対象

    • 施設利用者の認知症を改善を目指す介護施設、老健施設
    • 認知症患者の状態を改善を目指す医療機関
    • 地域の認知症者の機能改善に協力いただける企業、団体、組織
    • 地域に住む高齢者の認知症予防を願う市区町村、組織、団体
    • 地域に住む高齢者の認知症予防を願う町内会、老人会などの組織
    • 認知症家族の機能改善させたい個人

改善プログラム

栄養のある食事

  • 基本的に家庭、施設の提供に任せます
  • 規則正しく三食しっかりと召し上がってください
  • 高タンパク、低カロリー、低糖、低脂肪で、肉魚類と緑黄色野菜、発酵食品を増やすこと
  • 食事の際ははじめに野菜などをしっかり食べて、白米、麺類(小麦)、肉(脂肪)は少しずつ口に入れましょう

    アロマオイル・トリートメント

    • 昼時は活性系(レモン、ローズマリー)の香りで脳神経刺激
    • 稀釈してトリートメントに使用→オキシトシン分泌促進
    • 両手両腕、両脚のトリートメント(可能であれば肩腰背中も実施)

    ソフトギムニク・エクササイズ

    ※詳しくはこちら

    • 関節に負担をかけずに体幹と腹筋背筋、ふくらはぎ、太ももを鍛える運動
    • 手の指をよく動かす運動で脳神経刺激
    • 手のひらを刺激する運動
    • リズムに同期する運動
    • どの運動も声を出す事

      脳を刺激するトレーニング

      ※血行促進の運動中あるいは、その後でするのが効果的
      • 読書感想トレーニング (漫画を使った認知機能リハビリ)
      • 短期記憶(ワーキングメモリー)を刺激するゲーム(引き算、しりとり、逆唱など)
      • 時間制限付きの競技的ゲーム
      • 声を出し身体も使う知性の競技ゲーム

        ホスファチジルコリン

        • 昔から脳を活性化すると言われてきたホスファチジルコリン。その中でも、経口摂取して、脳内の神経伝達物質放出を刺激する不飽和脂肪酸を脳内で代謝させる仕組みを持ったタイプが、最も効率よく認知機能を改善しています。

        認知機能バランサー&聴覚機能バランサー

        • 定期的なアセスメント
        • トレーニング結果を保存し改善傾向をグラフ化、複数年の経過を把握可能
        • 詳しくはこちら

        さて、プログラムの詳細はお問い合わせください。
        キーワードは、愛情とスキンシップ、シナプスと神経伝達物質。重要なことはひとりでひっそりと実行するのではなく、他者(お友達)と一緒に行うことです。他者にまじって実行することでルールを守ろうとする意識が働きます。簡単なことも多少困難なことも、達成することで続ける意欲と他者を評価する気持ちが生まれます。


        指導者養成

        指導者養成の講習会を開催いたします。プログラムを実践して、認知症者の改善にご協力いただける方はどなたでも参加いただけます。

        個別指導

        家族を改善に導きたい方には個別指導いたします。

        対象地域

        当面は日本国内に限ります。