メッセージ‎ > ‎

今年はじめの認知症カフェ@あべのハルカス

2017/01/17 16:09 に Admini strator が投稿

1.17黙祷から始まったこの日は、1月の認知症カフェ@あべのハルカスの日でした。今月の図書は、福島智「僕の命は言葉とともにある」です。18歳で全盲全聾となった福島さんは奇しくも私と同じ神戸市垂水区のご出身で、私より4歳若い。不自由を背負い、絶望も味わった福島さんが、(感覚・言語的)文脈のないコミュニケーションが孤立だ、とする言い切るメッセージは、3度目の読後にようやく私の腑に落ちました。それは3ヶ月間のデイサービス勤務で感じた、ケアの現場の違和感があったからでもあります。

次回は2月14日、図書はクリスティン・ボーデン「私は誰になっていくの」です。

Comments