メッセージ‎ > ‎

大阪府介護者(家族)の会連絡会総会(於:大阪府社会福祉協議会)

2017/06/10 19:04 に Admini strator が投稿   [ 2017/06/10 19:04 に更新しました ]
6月3日(月)の午後、大阪府介護者(家族)の会連絡会総会(於:大阪府社会福祉協議会)に呼ばれ、認知症についてお話してきました。
 家庭内介護に長年関わってこられた方々の集まりということで、当初は認知症予防について話してもらえますかというご依頼でした。ご自身の不安解消のためというお考えだったのかもしれない。そのお申し出に「予防についてのお話はできますが、それ以上に家庭内介護と老いを見つめ直すお話をしたいのですが」と返すと、もちろんそれでも構いません、とのご返事でした。この2年以上介護家族を救う(私にはできませんけど)ことばかり考えている私にとって、予防のために何を食べて、どんな運動をして、なんて話はできるけど、意欲がわかない。そんなことはテレビ番組と金儲けにギラギラした連中にお任せする。

 持ち時間は100分、認知症の基礎をさらりと済ませ、家庭内介護される方ならではの悲しみと戸惑いに関すること、施設勤務経験、実母介護経験のエピソードからわかってきたことなどにたっぷり時間を割き話し終えました。
 いつものことですが、話し始めると緩急はつけるけどノンストップで話し続けます。お陰で終わった頃には酸欠状態。この日もそうでしたが、高齢の参加者からたいそうお褒めいただき、私自身も胸いっぱいになりました。
ありがとうございました。またどこかで。